林眼科病院

受付時間

【月~金曜日】
8:30~11:30
13:30~16:00
【土曜日】
8:30~11:30

診療時間

【月~金曜日】
9:00~12:30
13:30~17:00
【土曜日】
9:00~12:30
【休診日】
日・祝日
※受付は診療時間の1時間前までにお願いいたします。
  • 予約専用番号
  • 初診:092-431-1680 再診:092-483-2560 受付:9:00~17:00
  • 治験・臨床研究について
  • 患者さんのご紹介について
  • 採用情報
  • 病院案内
  • 診療案内
  • 施設案内
  • 実績紹介
  • 交通アクセス
  • 採用情報

病名と症例

TOP > 病名と症例 > 結膜下出血 > 結膜下出血について

病名と症例

結膜下出血

一覧へ戻る

 結膜下出血について

◆結膜下出血とは

結膜とは、白目の表面を覆っている粘膜のことをいい、大小の血管が多数存在しています。       
結膜下出血とは、結膜下の小さな血管が破れて出血したもので、白目部分が真っ赤になります。
程度は様々で、小さな点状のものから斑状、時には眼球結膜全体をおおう広範なものもあります。
また、血腫を作ることもあります。
結膜下の出血では、眼球内部に出血が入ることはなく視力低下の心配はありません。
(出血と充血のちがい:出血は血管が破れて血液が出たもので血管の走行は見えませんが、充血は細い血管が拡張した状態をいいます。)


    

【症状】
一般的に通常の出血では痛みやかゆみ眼脂などはなく、ほとんど無症状ですが、ときに異物感や発症時の一瞬の眼痛を訴える方がいます。視力低下や視野狭窄はありません。

【原因】
原因は様々で不明な場合も多く、思い当たる誘因がなくても出血します。
①眼局所のもの;外傷や手術、炎症(ウイルス性結膜炎に伴うもの)、結膜弛緩など
②全身性のもの;出血性血液疾患(血小板減少性紫斑病、白血病など)、循環器系疾患(高血圧など)代謝性疾患(糖尿病など)、代償性出血(代償性月経)、急性熱性疾患(マラリア、コレラ、インフルエンザ、麻疹など)腎透析や抗凝固療法など
③原因不明のもの;誘因として考えられるのは、嘔吐や咳、くしゃみなど急激に静脈のうっ滞が起こる状態です。

◆検査・診断

視診と細隙燈顕微鏡検査で診断します。

◆治療

出血自体は軽度であれば、10日前後で自然に吸収されますので治療の必要はありません。
出血量が多い場合は時間がかかることもありますが、必ず出血は吸収されます。
多くの場合、出血は放置しておいてかまいませんが、次の場合は眼科を受診してください。

* 眼外傷を受けた場合
* 出血以外に痛みやかゆみ、眼脂を伴う場合
* ひんぱんに出血をくりかえす場合
くりかえし出血がおこる場合は、全身的な疾患(高血圧や糖尿病、貧血、白血病、紫斑病など)も疑われますので内科を受診していただくことがあります。

上記に当てはまる場合や心配な時は、念のために眼科で診察を受けましょう。







 

ページTOP