facility院内設備

充実した設備を確認し、
安心して当院へお越しください。

林内科クリニックでは、ベストな医療の手段と、適した最先端の設備機器と誠実な医療サービスで地域のホームドクターとして貢献したいと考えております。

※これらの検査機器で測定した結果はすべてデジタル化して診察室の電子カルテに送られます。

超音波検査装置

【超音波検査希望の方】
完全予約制のため、事前予約が必要です。

プローブと呼ばれる小型の装置を体の表面に密着させ、体内を観察します。甲状腺、頸動脈、乳腺、心臓、腹部など全身の多くの臓器に用いられます。放射線被爆の心配もなく、妊娠中の胎児の検査にも用いられる極めて安全な検査です。

甲状腺超音波検査
甲状腺の病気を疑った場合は必ず一度は行うべき検査です。甲状腺は体の表面に近い臓器であり直径2mm程度の腫瘍まで検出することが可能です。当院では良悪性の鑑別に有用なエラストグラフィーという最新の装置も導入しております。
頸動脈超音波検査
動脈硬化の進行度を直接みる検査として広く用いられています。総頸動脈から内頸・外頸動脈にかけて体表から観察できる範囲を検査します。頸動脈病変は全身の動脈硬化性疾患と深い関わりがあり、脳梗塞の18%、虚血性心疾患の25%、閉塞性動脈硬化症の38%に頸動脈狭窄を合併していると報告されています。この検査で頸動脈をみることにより、全身の動脈硬化の進行程度を推定することができます。
腹部超音波検査
脂肪肝などの肝臓病、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢炎、膵炎、腎結石などの診断・評価が可能です。
心臓超音波検査
心不全、心筋梗塞、心臓弁膜症などの診断・評価が可能です。

血圧脈波検査装置

当院では血圧脈派測定装置を導入しており血管のしなやかさや硬さをみて血管年齢の評価を行っています。同時に足の動脈の詰まり具合をみる検査ABI(足関節上腕血圧比)という検査も施行しています。動脈硬化を評価するのに非常に有用な検査です。

心電図

健康診断としての検査以外に不整脈のチェックや狭心症、心筋梗塞の診断などに有用です。

レントゲン

健康診断としての検査以外に肺炎、心不全、腸閉塞などの診断に有用です。

呼吸機能検査装置

肺活量や一秒率などの呼吸機能の検査が可能です。

ヘモグロビンA1c測定装置

糖尿病のコントロールの指標であるヘモグロビンA1cの測定が約7分で可能です。結果をその場でお伝えできるので、生活習慣の指導や治療方針の決定がタイムリーに行えます。

血球検査

緊急を要する患者さんに対しては院内で検査をおこなっています。白血球、赤血球、血小板の3つの血球成分測定が可能です。

血液生化学検査

緊急を要する患者さんに対しては院内で検査をおこなっています。肝腎機能、電解質、尿酸値、筋原性酵素、血糖値などの測定が可能です。