林眼科病院について

ABOUT HOSPITAL

治験・臨床研究について

最新の治療・研究を次世代へ

林眼科病院では、新しい医薬品(医療機器)の治験を実施しています。
また、当院では眼科の医療レベル向上のため、臨床研究を行っており、
学会や論文を通して、最新の研究結果を国内のみならず海外へ発信しています。

治験とは

様々な物質の中で、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが研究室での検証を経て「くすりの候補」となります。この「くすりの候補」の開発の最終段階で、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。
「くすりの候補」を実際の患者さんに用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験を「治験」と呼ばれています。
一般の方の中には、単なる実験と勘違いされる方もありますが、「治験」は国の定める厳格な基準に基づき進められ、安全性には通常の診療と同等かそれ以上の注意を払って行われますし、未承認ではあるものの、最新の治療薬を使用する機会と言えなくもありません。

治験審査委員会について

林眼科病院では、治験が科学的・倫理的に正しく実施できるかを審査するため、治験審査委員会を設置しております。治験審査委員会は、治験を依頼した製薬会社などとは独立した第三者的な機関として設置されており、治験を計画通りに実施することができるか、参加される患者さんに不利益にならないかなどを、事前に定めた手順書に従って治験を開始する前に確認しています。また、治験実施期間中にも、治験が正しく実施されているかを確認したり、安全性に問題がないかを評価し、治験を継続すべきか否かを判断したりしています。

委員会は、患者さんの目線からも公正に審議できるよう専門委員・非専門委員・外部委員から構成されており、患者さんの人権保護と安全の確保に努めております。

現在進行中の治験

現在当院では以下の治験を実施しております。

治験依頼者の皆様へ

実施医療機関としてご依頼の場合は、下記担当者までご連絡をお願いします。

092-431-1680
担当:三原 聖矢

受託実績

治験対象疾患 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H31/R1 R2
近視眼(医療機器)   1                
糖尿病黄斑浮腫 1   1           1 2
ドライアイ         1          
白内障(医療機器) 2 1         1      
緑内障 1     1     2     2
網膜静脈分枝閉塞症   1               1
斜視   1                
症候性硝子体黄斑癒着     1              
ポリープ状脈絡膜血管症       1            
網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫       1            
滲出性加齢黄斑変性         1     1 1 4
術前抗菌薬             1      
網膜中心静脈閉塞症                   1
年間プロトコル数 4 4 2 3 2 0 4 1 2 10

倫理審査委員会について

林眼科病院では、倫理的・人権的観点から、厚生労働省及び文部科学省が定める「倫理指針」に基づき、院内で行われる研究(治験を除きます)について、第三者の立場で意見を述べる倫理審査委員会を設置しております。
当院で行われている研究は、全て倫理審査委員会の審議を経ており、実施中の研究についても、患者さんに不利益がないように、継続的な監視を行っております。
研究が終了すれば、学会や論文等で発表されることがありますが、倫理審査委員会の監視の下、個人を識別できるような情報を全て排除してから発表するようにしております。
患者さんのご協力により、最新の研究が学会や論文を通して、国内のみならず海外へも発信され、眼科の医療レベルの更なる向上に貢献しています。

発表論文について
倫理審査委員会、臨床研究に関するお問い合わせ

倫理審査委員会、臨床研究に関するお問い合わせは、下記担当者までご連絡をお願い致します。

092-431-1680
担当:三原 聖矢

Acrobat Readerダウンロード

PDFファイルをご覧頂には、Adobe Reader(無料)が、必要となります。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてご使用ください。